債務整理について|少しだけお金を借りたい

債務整理をするとブラックリストに載ってしまう

弁護士や司法書士などの専門家に多重債務について相談すると多くの場合に債務整理をすることをすすめられます。
債務整理には任意整理、個人再生、特定調停や自己破産などがあり、最も重い手段が自己破産です。

 

債務整理をするといずれの場合でも最大で10年程度ブラックリストにその情報が掲載され、新しく融資に申し込んでも審査に通りにくく、また新しくクレジットカードを作ることも難しくなります。
更に債務整理をするとほとんどの場合に官報(国が発行している新聞のようなもの)にその情報が載りますが、一般の人が官報を見ることはほとんどないのでばれる心配はありません。

 

一方で債務整理後は新たに働いて得た収入で生活することが可能で、もちろん貯金をしていくこともできます。
何よりも苦しめられていた債務が減額されたりゼロになることで新しい生活を始めることができ精神的にも余裕が出てきます。
これ以上債務を増やさないためにもすぐに相談することが重要になってきます。
少しだけお金を借りたいと思っても、我慢してまずは相談しましょう。

 

>>少しだけお金を借りたい【短期間なら無利息キャッシング!】に戻る